2万5000円も安くなった!今使っているiPhoneを下取りに出して安く機種変更したよ

スポンサーリンク
ガジェット【得意分野】
スポンサーリンク

私は今まで使っていたiPhone6sを下取りに出し、iPhone7に機種変更しました。通常の金額より安く変えることができました。今回の記事では、今使用しているiPhoneを下取りに出し、安くiPhone7(新しいiPhone)に機種変更する方法を解説します。

今更だけどiPhone6plusからiPhone7に機種変更

今更ですが、iPhone6splusから、iPhone7に機種変更しました。艶のない黒で、表面も全部真っ黒。容量は128GBです。

今回は、機種変更した理由と、安く機種変更する方法を書いています。安く済ませる方法を先に知りたい方は目次から飛んでください。

機種変更をした4つの理由

ここでは、機種変更をした理由を4つお話します。

理由①容量が16GBと、とにかく少なかった

理由1つ目は、今まで使っていたiPhoneの容量がとにかく少なかったからです。

私は元々android(アンドロイド)であるエクスペリアからiPhoneに機種変更したのですが、その時たまたまキャンペーンをやっていて、一括払いでとても安い金額で機種変更をすることができました。

ところが、機種変更した機種がiPhone6sの16GBだったのです。当時一番小さい容量でした。(今は、16GBというのは存在せず、32GBが一番少ない容量です。)

16GB!少ないですよね。なんでそんな少ない容量の機種にしたの!!と思いますよね。 もちろん何も考えず安さだけで決めたわけではありません。エクスペリアがこの時手元にあったので、入っているゲームなどはそちらでやるとして、(Wi-Fiがあれば使用できる)iPhoneはメールとライン、電話だけするようにしよう。そう思って決めたのです。

ところが、そんなにうまくはいきませんでした。実際にiPhoneを使いだすと、あっという間にエクスペリアは息子のものになっていきました。なぜならWi-Fiでしか使用できませんが、息子との自宅周辺での連絡用として息子用の新しいラインをインストールしたからです。

そのとたん、僕のスマホ!という気持ちが芽生えたらしく、私がエクスぺリアを使用することを嫌がるようになったのです。 さらに、androidではなくなったことで、エクスペリアにインストールしているゲームのいくつかが更新不可能になったことで、完全にエクスペリアは息子のものとなりました。

iPhoneしか使用できなくなったことで、ゲームを入れたり、写真や動画を撮っていくようになり、どんどん容量がいっぱいになってしまったのです。

iPhoneはシステムで結構な容量を使います。 もちろん、写真をクラウドに預けるなどの対策をしました。それでも容量がパンパンになってしまい、動きがどんどん遅くなりました。最終的には写真や動画を撮ろうとすると『容量がいっぱいで撮れません』と表示されるようになってしまったのです。 やっぱり容量は多いほうがいいですね。

理由②plusのサイズが私には大きかった

理由2つ目は、6splusの大きさが私には大きかったからです。

plusは、機種変更した時に自分で選んだものです。その理由は、サイズが大きいと動画を見るときや他の時でも見やすいだろう、という単純なものでした。

いざ毎日使うようになると、自分は手が小さいんだということを痛感するようになります。と言うのも、私の手の大きさとplusの大きさが合っていないということを嫌というほど思い知ったのです。

確かに動画を見るときは見やすいです。ゲームするときもサイズが大きいので迫力があります。しかし!どうにもこうにも指が届かない!必然的に両手持ちになりました。でも、私は片手で使いたい!

このモヤモヤがどんどん溜まっていったのです。 サイズは、私の場合大は小を兼ねませんでした。

理由③iPhone8とiPhone7のスペックに関する違い

理由3つ目は、iPhone8とiPhone7のスペックの違いです。

私はガジェットが大好きで、今回もたくさん調べました。 人に聞いたり、インターネットで調べたところによると、iPhone8とiPhone7では、確かにスペックはiPhone8の方がいいですが、そこまでガラッと変わったわけでも、(背面がガラスになっていたり、カメラがよくなったりはしていますが)全然スペックが違うというわけではありませんでした。

そこまでスペックに対するこだわりや、どうしても新しい機種の方がいい!というこだわりがなければ、iPhone7で十分、と言うことが分かったのです。

また、私はエクスペリアを使用していた頃、一度派手に落とし画面を割っていることから、iPhone8に比べると軽く、裏面がガラスではないiPhone7を選んだという部分もあります。

理由④iPhone7の在庫が少なかった

理由4つ目は、ショップにiPhone7の在庫が少なかったことです。

iPhone8とiPhoneXが相次いで発売されたことで、iPhone7は一つ前の機種、いわゆる型落ちの機種になりました。

そうなると、少し金額が安くなるお店もありますが、同時に在庫が減っていくのです。お店側は新しいiPhone8やiPhoneXを売りたいので、iPhone7は新しく入荷されません。

先日、たまたま立ち寄った電機屋さんで話を聞いてみると、iPhone7の128GBの在庫があったのです!試しに他のお店にも問い合わせたところ、他に在庫はありませんでした。

次の日、ふと思い立ち地元の電機屋さんに聞いてみると128GBの在庫が残っており、そこで機種変更することを決めたのでした。電機屋さんにはあり、ショップにはない。ということがよくあるそうです。

安くiPhone7(新しいiPhone)に機種変更する方法

今回現在使っているiPhoneを下取りに出す。携帯会社の下取りサービスを利用することで、 とても安く機種変更をすることができました。

下取りに出したら、約2万5000円くらい安くなった

今回下取りに出したところ、約2万5000円ほど安くなりました!と言ってもこの金額はあくまでauの場合で、かつiPhone6splusを下取りに出した時の金額です。(2018年2月現在)

※(2020年5月追記)2020年5月現在は、iPhone6splusの16GBを下取りに出すと、9900円相当になっています。

元々7万円強くらいだったiPhone7が、下取りサービスを利用したことで、5万円くらいで機種変更できたのです!出たばかりの機種は容量によっては高く、下手すると9万円~10万円、それ以上する機種もたくさんあります。

128GBという大きな容量にも関わらず、最新機種の半額くらいで機種変更できたことになります。 この容量だったら、たとえ2年縛りだとしても、2年使っても余裕だな、と思いました。もちろん、以前のiPhoneのようにクラウドに預けたりしていきます!

壊れてないからと機種変更してないあなた!下取りに出したほうが安くなるかも!?

私の周りにも、壊れてないからとずっと同じiPhoneを使っている人もいます。

しかし、確かにもったいなく感じるかもしれませんが、壊れてないうちに、下取りに出して機種変更したほうが全体的に安くなるかもしれません。 壊れてしまうと下取りに出せなくなる可能性もあります。

下取りに出すときの注意点

下取りに出すときの注意点として、下取りサービスを使うと、その機種は手元からなくなります。しっかりバックアップを取りましょう。

パソコンがなくても、アイクラウドなどでバックアップを取ることができます。さらに、入っているゲームやラインの機種変更の手続きも先にやっておきましょう。

機種変更時のデータ移行については、こちらの記事に詳しく書いてあります。

https://www.yuria-sakurano.com/kisyuhenkou-apuri/

まとめ

今回の機種変更で、スペックについて、下取りについてなどいろいろ調べたことで、たくさんのことを知ることができました。これからはこのiPhoneを相棒に生活していきます。

ぜひ、自分が使っている携帯会社の下取りサービスを確認してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました