android(アンドロイド)からiPhoneに機種変更!データ移行のおすすめアプリ※逆の機種変更でもOK!

スポンサーリンク
ガジェット【得意分野】
スポンサーリンク

今回はandroid(アンドロイド)からiPhoneに機種変更するときのデータ移行おすすめアプリをご紹介します。もちろん、逆の機種変更でも大丈夫です。 
あくまでも、私が使っているアプリです。

iPhoneやandroid(アンドロイド)に機種編変更時にネックなのがデータ移行

android(アンドロイド)からiPhone、またはiPhoneからandroid(アンドロイド)に機種変更するときにネックなのがデータ移行。重要なデータは、主に連絡先(電話帳)、キャリアメール、使っている人はライン、その他アプリ、機種変更前の機種に保存された写真、画像、動画などですね。

このそれぞれのデータをアプリを使用して移行することができます。
これはあくまで一例、私の場合です。また、同じ電話会社内で機種変更した場合です。

連絡先(電話帳)の移行

私の場合は、電話会社がauなので、連絡先を以下の方法で移行しました。

使うアプリは『データお預かり』(auの場合)

  1. まず、『データお預かり』というアプリを現在使っている機種にダウンロードします
  2. 預けるというところをタップした後、電話帳をタップし、まずはデータを預けます。この時点で入っている電話帳のデータを預けることができます。
  3. 機種変更した新しい機種で、同じアプリをインストールします
  4. 今度は復元をタップすると新しい機種に連絡先データが復元されるのです。

au以外でもデータを預けられるアプリがある

auの場合はデータお預かりという名前ですが、ドコモやソフトバンクでも同じようなデータを預けられるアプリがあると思います。

現在使っている機種にアプリをインストールし、電話帳データを預け、機種変更後の機種で同じアプリをインストールし、復元をすれば移行することができます。

機種変更するandroid(アンドロイド)の機種が古くて上記のアプリが使えない!という人は、『Move to iOS』、『ヤフーバックアップ』などのアプリを使用して移行しましょう。

ラインアカウントの移行

ラインアカウントの移行も、機種変更する前の準備が必要です。

現在使っている機種での準備(トークのバックアップなど)

まず、現在使っている機種で以下の準備をします。

  1. ラインの歯車マークをタップ後、下のほうにあるトークをタップし、上のほうにあるトークのバックアップをタップ
  2. 雲の部分をタップし、ラインのトークをバックアップ
  3. 同じように歯車マーク→設定をタップして、アカウントをタップ
  4. 登録してあるメールアドレスとパスワードを入力します。登録していなければ、この時点でアドレスとパスワードを登録してください。
  5. 次に画面を1つ戻し、アカウント引継ぎ設定をタップ
  6. アカウントを引き継ぐをタップして、オンの状態にする

こうすることで、新しい機種でラインのアカウントが引き継げる状態になります。また、新しい機種でラインを復元した時トーク内容も復元できるようになります。

※この引き継げる状態は24時間しか保たれないので、機種変更する直前に準備をしましょう。

新しい機種でラインを復元する

次に、機種変更した後の復元方法です。

  1. 新しい機種でラインアプリをインストール
  2. ログインをタップし、前の機種で登録したアドレスとパスワードを入力
  3. その後、番号を入力してくださいという画面になるので、SMS(いわゆるCメール)に届いた番号を入力

こうすることで、ラインのお友達や、使っているスタンプがきちんと入っている状態のラインが出てきます。

ただし、スタンプは改めて再ダウンロードしなければなりません。といっても、一度ダウンロードしてるのでお金はかかりません。歯車マーク→設定→マイスタンプをタップし、記載されているスタンプをタップすれば再ダウンロードができます。

※ラインのトークのバックアップは、マメにやっていると機種変更した時にトーク画面が消えた!という思いをすることが少なくなります。

その他アプリの移行

ライン以外のその他アプリの移行についても軽く触れておきます。

大体のアプリは、オープニング画面に機種変更という字やスマホのマークがある

大体のアプリは、オープニング画面が表示されたとき、機種変更の字や、スマホのマークなど、なんらかの表示が出ています。どれも見つけられない場合、他の方法があります。

メニュー→ID連携・バックアップ・機種変更などの欄を探す

どのアプリでも、メニューが存在します。開き方はそのアプリによって変わりますが、大体最初の画面に表示されていたり、アイコンが存在したりしています。

そのメニューの中から、ID連携、バックアップ、機種変更などの表示を探し、タップします。

IDを連携したり、バックアップをすることで、機種変更後も同じランクやレベルでスタートすることができるのです。

スマホで撮影した写真や動画、その他の画像の移行

機種変更前のスマホで撮影した動画や写真、その他画像の移行は、私はあるアプリを使用して行いました。

私が使用したのがグーグルフォト

私が移行時に使用し、現在も使用しているのがグーグルフォトです。なぜなら、容量無制限で写真や動画、画像を保存でき、パソコンやタブレット、他のスマホからでも同じアカウントのグーグルフォトにログインすれば、同じものが見れるからです。

まず、機種変更前の機種(現在使っている機種)でグーグルフォトを使う方法です。

  1. アプリストアからグーグルフォトアプリをダウンロード
  2. 現在使っているグーグルアカウント(メールアドレスとパスワード)入力し登録

これでグーグルフォトが使えるようになります。Wi-Fiがあるところで、スマホに入っている写真や動画、画像をバックアップしてくれます。その後、スマホ本体の写真や動画を消すことで、ストレージを節約することもできます。

Wi-Fiがないところで使う時は注意

Wi-Fiがないところでもバックアップするように設定してしまうと、パケットをかなり使用してしまいます。できれば、Wi-Fiがあるときだけバックアップするという設定をしておきましょう。

機種変更後グーグルフォトから写真などを復元させる

機種変更後、新しい機種で写真などを復元させる方法です。

  1. 新しい機種でもグーグルフォトアプリをインストール
  2. 今まで使っていたグーグルアカウントでログイン
  3. 一番上に検索する画面が表示させるので、右の点が3つある部分をタップ
  4. 写真を選択をタップ
  5. 写真や画像を選択できるようになるので、新機種本体に戻したい写真などをタップ。全部戻したい場合はそれぞれの日付をタップするとその日にバックアップされたすべての画像が選択されます。
  6. 選んでタップし、画像や写真の部分にチェックがついたら、もう一度点が3つある部分をタップ
  7. ダウンロードと表示されるので、それをタップ

※ダウンロードというのは、新機種の本体、いわゆるカメラロールにダウンロードしますよ、ということなので、ダウンロードをタップしても大丈夫です。

枚数が多い場合は時間がかかりますので、一度ホーム画面に戻り、写真をタップして、きちんとダウンロードされているか確認してみてくださいね。

以上で、電話帳、ラインのアカウント、その他アプリ、スマホに入っていた写真や動画、画像を新機種に移行することができました。

まとめ

android(アンドロイド)からiPhoneへ、iPhoneからandroid(アンドロイド)への機種変更したい!と思っても、データ移行のことを考えると、なかなか重い腰が上がらないこともありますよね。しかし、上記の方法なら、そんなに難しくなくデータ移行ができます。

また、上記の方法は同じ機種同士(iPhone→iPhone、android(アンドロイド)→android(アンドロイド))に機種変更するときももちろん使えます。
特に、iPhoneはパソコンを使えばバックアップや同期ができるのですが、パソコンを持っていないけどiPhoneのバックアップをしたい!というときにうっけつけです。もちろんandroid(アンドロイド)同士の機種変更は言わずもがな。

これからも、ガジェットの記事も書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました