ももいろクローバーZは歌もライブもすごい~オタクライターが語る(6)~

スポンサーリンク
音楽【得意分野】
スポンサーリンク

私はももいろクローバーZ(ももクロ)が大好きです。誰が好きとかはなく、いわゆる全員好きな『箱推し』。7月3日、2018年からのライブ音源の中からファン投票で曲を決めたライブベストが配信リリースされました。これを機に、新規のファンである私がももクロについて語ってみます。

ももいろクローバーZ(ももクロ)は2008年から始まった

ももいろクローバーZ(当時ももいろクローバー)は、2008年からスタートしました。

何度かのメンバーの入れ替わりを経て、リーダーである百田夏菜子さん(夏菜子)、玉井詩織さん(しおりんor玉さん)、最年長の高木れにさん(れにちゃん)、最年少の佐々木彩夏さん(あーりん)そして2011年に脱退した早見あかりさん、2018年に卒業した有安杏果さんの6人に固まったのです。

2008年の時点では有安さんを抜いた5人で、最年少の佐々木彩夏さん(あーりん)はまだ小学校6年生でした。2009年に有安さんが加入し、6人組になったのです。

2008年~2009年頃に初めてメンバーが作詞したのが『あの空へ向かって』という曲です。この曲はももクロにとってとても大切な曲で、デビュー10周年ライブの最後の曲にも選ばれました。

また、この6人の名前が後半の歌詞に入った『ピンキージョーンズ』という曲もあります。『ピンキージョーンズ』は、4人になった今も歌われています。いなくなったメンバーの部分は、あーりんが歌っています。

2011年に早見あかりさんが脱退

2009年頃から6人で活動していたももいろクローバーZ(当時ももいろクローバー)でしたが、2011年に早見あかりさんが女優を目指すために脱退しました。

早見あかりさんが脱退したライブで、ももいろクローバーからももいろクローバーZに改名することが発表されました。

2018年に有安杏果さんが卒業

2011年に早見あかりさんが脱退してから、5人で活動してきたももいろクローバーZ(ももクロ)でしたが、2018年1月に有安杏果さんが卒業することになりました。

2018年でデビュー10周年を迎えるももいろクローバーZ。デビュー10周年は4人で迎えることになったのです。

ももクロのすごいところ

ここからはももクロのすごいところを挙げていきます。

2008年に始まった頃からとにかく全てにおいて全力

2008年に始まったももクロですが、そのころから今も、とにかく全てにおいて全力です。それはダンスも歌も、パフォーマンスも全て。

当時の映像を見ると個人的な感想ですが、お世辞にも歌が上手いとは言えませんでしたが、歌もダンスも1人1人のメンバーが全力でした。歌はもちろん全員常に生歌です。

そうすると、だんだんももクロ=常に全力というイメージがついてきました。

その結果、少しずつ大きな会場でライブができるようになっていったのです。
とうとう2014年春には、旧国立競技場でライブを行うことができました。

デビューから12年の間に全員の歌唱力が急上昇

先ほど、デビュー当時はお世辞にも歌がうまいとはいえなかった、と書きましたが、あれから12年。メンバー4人はどんどん歌がうまくなっています。特に、個人的には、元々うまくなってきていましたが、2018年に有安さんが卒業してから、さらにうまくなってきていると思います。

個人的にに驚いたのが、2018年6月にデビュー10周年記念ライブとしてグループ初の東京ドーム公演を2日間行ったのですが、その時歌が上手くて驚きました。

さらに、同年12月に恒例のクリスマスライブを開催したのですが、このライブがなんとオーケストラをバックに、『歌を聴かせるライブ』だったのです。もちろんダンスも盛りだくさんでした。

オーケストラをバックに歌うのは、歌唱力が高くないとできません。東京ドームもよかったのですが、たった半年でさらに全員の歌唱力が上がっていて驚愕したのを覚えています。

同じ曲でもライブバージョンとCDバージョンで全く別物

ももクロの曲に関して、ええっ!と声を出すくらい驚いたことがあります。

ある日、2018年のクリスマスライブの音源をずっと聴いていた曲のCD音源(結構昔にリリースしたもの)を初めて聞いた時の衝撃が凄まじかったのです。

全然歌のレベルが違ったのです。こんなに違うの?!別の人が歌ってる?と思うほど。驚愕するのと同時に、全員がとても努力しているんだな、と感動したのです。

まとめ~ももクロはとってもエモい。いつかライブに参加したい~

私がももクロを好きになったのは今年になってからです。

ももクロが始まってからの歴史やライブ映像を学んでいくうちに、ももクロはなんてエモいグループなんだと感じました。

最初は趣味がダンスである普通の女の子達が集まって、少しずつ歌やダンスを学んでいき、常に全力でいることを心がけて。メンバーの脱退を2度も経験。とうとう国立競技場や東京ドームでライブをやり、今は4人で楽しく進んでいる。どんどん応援したくなっていきました。

ファンクラブには入ったものの、コロナの影響があり、まだ一度もライブ会場で生のももクロに会えていません。

今年は無理かもしれませんが、来年以降いつか親子で、ももクロのライブに参加したいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました