やっとわかった私の強みと認知特性(後編)~向いてる仕事編~

スポンサーリンク
優里亜(私)について
スポンサーリンク

こんにちは。前回、5つの強みがわかるテストと、認知特性テストを受けたというブログ記事を書きました。今回は後編。向いてる仕事の話です。前回の記事はこちら⇒テストの結果編 
今回は、私の5つの強みと、強い認知特性を元に、向いている仕事の話をします。

5つの強みから見た向いている仕事

まず、5つの強みから見た向いている仕事を調べてみました。ちなみに私の強みは

①感受性 ②現実思考 ③決断力 ④受容力 ⑤継続力

の5つです。順番に見ていきましょう。

①感受性。向いているのは教師、カウンセラー、聖職者など。感受性の強さが必要な仕事というのが理由です。

②現実思考。向いているのは法律系、心理系、コンサルティングなど。これは突飛なことを考えず、確かな情報収集や裏付けなどができ、現実的な会話をしたり、現実的で達成可能な目標を決められるから、という理由です。

決断力。向いているのはセールス関係、エンターテインメント業など。重要なことをすぐに決断する強さが向いている、という理由。

受容力。向いているのはプロデューサーなど。いろいろな考え方や状況、環境などを素直に受け入れられるので、多数の人や現場をまとめるのが向いているという理由。

継続性。向いているのは法律系、秘書、営業など。いろいろなことをずっと続けていけるから、という理由です。

以上、5つの強みだけを見て向いてる仕事を書いてきました。いくつか職種が出てきましたが、なんとびっくり、全てが未経験です。といっても、知り合いが法律関係やコンサルティングをしているので、私もやってみたい。法律系(行政書士)の資格を取りたい、と思っているところではありました。でも、まさか向いている仕事として法律系とコンサルティング、両方出てくるとは思っていませんでした。

ここで問題なのが、強みだけを見ると上記の仕事が向いています。では、認知特性と合わせて考えるとどうでしょう。そうすると、ちょっと話が変わってくる気がします。前回の認知特性テストで、文章を読んで処理することが苦手だということが分かったからです。全体的に見て、視覚優位者ということです。



私の強い認知特性が向いている仕事

いろいろ調べた結果、私の強い認知特性が向いているのは以下の仕事でした。

私が一番強かった3Dタイプ、三次元で思考するタイプに向いている仕事は、建築家、パイロット、外科医、機械技術職、舞台制作者や映像カメラマンなど。

次に強かったカメラアイタイプ、二次元で思考するタイプは、写真家、画家、デザイナーなど。

その次に強かった文字や文章を映像化してから思考する言語映像タイプは、コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家など。

おまけで、音色や音階といった音楽的イメージを脳に入力する聴覚&音タイプは、ミュージシャンなど。

さて、ここまでは私が強い認知特性だけを見て向いている仕事を挙げました。ここで、わかりやすくまとめましょう。

これまでに挙げられた職種
・教師 ・カウンセラー ・聖職者 ・法律系 ・心理系 ・コンサルティング ・セールス関係 ・エンターテインメント業 ・プロデューサー ・秘書 ・営業 ・建築家 ・パイロット ・外科医 ・機械技術職 ・舞台制作者 ・映像カメラマン ・写真家 ・画家 ・デザイナー ・コピーライター ・絵本作家 ・雑誌編集者 ・作詞家 ・ミュージシャン



これまで名乗ってきたライターが入っていない

これまでの結果を見て、私自身が驚いています。ほとんど未経験の職種だし、何よりも、これまで一応名乗ってきたライターが全く入っていません。これまで相当苦手なことを頑張ってきたんだなとやけに納得しています。

上記の職種は、今からはどうやっても無理!というものもいくつか入っていますが、(例えば教師、聖職者、パイロット、外科医、建築家など)これからでもできそうなものもたくさんあります。

5つの強みと強い認知特性。この両方から私に向いている仕事を調べてみました。ところが、私にはもう一つ忘れてはいけないものがあります。それが強い特性です。

強い特性も合わせて考えないといけない

頭の中が多動、すぐ忘れる、ケアレスミスが多い、先延ばしにする、興味ないものには集中力が全くなく、逆に興味あるものには過集中など。いわゆる未受診ですがADHDの特性です。ADHD以外にもあるかもしれません。自分のことですらミスしたり、忘れたりするので、秘書や営業も難しそうです。ただ、営業やセールス関係は、どの仕事にも必要になります。

先ほど、興味ないものには集中力がなく、逆に興味あることには過集中と書きましたが、ライター業が大変だったのはこの特性も一つの理由です。ライターの案件も、以前、興味がないのに仕事だからと受注したら大変な苦労をしました。改めて、私は興味がある分野じゃないとライターができない、文章が書けないと痛感しました。

しかし、このようにブログ記事を執筆することや、別名義で小説を執筆すること、いわゆる文章を執筆することはとても興味があり、大好きなので、こうやってずっと書いていられるのです。

とにかく、これから自分の強み、強い認知特性、特性の3つを考えて、私自身が楽しくできて、ずっと続けられて、なおかつ稼げる仕事をできるだけ早く見つけたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました